ルール3 短母音+子音2つ

母音の後ろに子音が2つ続く場合、母音は短く発音

たとえば、“gift”の場合、iは短く発音します。他にも“help”ならeは短く発音します。

なお、子音が二文字の続く場合の手前の母音も、短母音となり、アルファベットの「音」で発音されることになります。
たとえば、“gift”なら、iは長母音の「アイ」(a「エイ」i「アイ」といったアルファベットの名前)ではなく、短母音の「イ」(a「ア」i「イ」といったアルファベットの音)で発音されます。

 

長母音:アルファベットの名前で発音

ex. aは「エイ」、iは「アイ」

短母音:アルファベットの音で発音

ex. aは「ア」、iは「イ」