ルール4 単語の末尾に唯一の母音があるとき

母音が単語の最後にあって、その単語に母音が一つしかない場合、その母音を長く発音

たとえば、“he”の場合、母音eは単語の最後にあり、かつ他に母音はありません。この場合、母音eは長く発音され、かつ長母音(「イー」というアルファベットの名前)となります。

つまり、「h+イー」と発音されることになります。
他にもbe、she、we、go、noなどがそうです。