ルール9 母音の後ろとサイレントE

母音の後ろに子音が2つ続く場合で、かつ末尾がサイレントEの場合、母音は短く発音

ルール3で、「母音の後ろに子音が2つ続く場合、母音は短く発音」と述べました。たとえば、“gift”ならiは短く発音し、“help”ならeは短く発音します。
他方、ルール5では「サイレントEが含まれる単語は、最初の母音を長く発音」と述べました(サイレントEとは、単語の末尾にあって発音しない(サイレントな)Eのことを言います)。たとえば“knife”なら、i(「アイ」)は長く発音します。

 

それでは、両者が含まれる場合、たとえばdanceの場合はどうなるのでしょう?
母音aの後ろにncと子音2つが続いているため、ルール3が適用され、aを短く発音するのでしょうか?それとも、サイレントEが含まれているため、ルール5が適用され、aを長く発音するのでしょうか?

答えは、ルール3が優先し、aは短く発音されます。ほかの例としては、single、jungle、jingle、glanceなどがそうです。

 

このようにルール3とルール5がバッティングした場合には、原則としてルール3が優先しますが、例外的にルール5が優先する場合もあります。それは“ange”で単語が終わる場合です。
たとえば、“change”の場合、ルール5が適用され、最初の母音aが長く発音されることになります。また、この場合の母音は長母音(a「エイ」i「アイ」といったアルファベットの名前)となりますので、結果、aは「エーイ」と発音されることになります。