めがね

子供のコンタクトレンズはいつから? おすすめコンタクトは?

[ffb_paragraph_0 unique_id=”1oqolhd5″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

子供のコンタクトデビューはいつからが最適なのでしょうか?

コンタクトレンズを使用している人は、日本で約1500万人いるそうです。

そのうち約半数は16~30歳の女性ということですが、小学校入学前後の小さな子どもの中にもコンタクトレンズ使用者は増えてきています。

もっとも、眼鏡に比べて直接目に装用するコンタクトレンズは、小さな子ども装用しても大丈夫なのでしょうか?

また、装用する場合のコンタクトの種類や注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、コンタクトレンズに関するこれらの点について説明していきたいと思います。

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1lu0koev” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子どもの視力低下[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or06huq” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

文科省の平成28年度の発表では、裸眼視力1.0未満の子どもの割合は、幼稚園で27.94%、小学校で31.46%でした。

昭和54年度には幼稚園で16.47%、小学校で17.91%だったことを考えると格段に視力が低下していることが分かります。

また、平成18年度でも、幼稚園24.07%、小学校28.36%でしたので、今なお緩やかな視力低下の傾向は続いていると言えそうです(もっとも、平成24年度以降はほとんど変化はありませんが)。

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1or07leq” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子供の視力低下の背景[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or08bb2″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

子供の視力低下の背景には、言うまでもなくテレビゲームや携帯ゲーム、パソコンなど電子機器類の普及があります。

また、スマートフォンの普及により子どものうちからスマートフォンを使ってゲームをしたり動画を観て遊ぶ子どもが増えてきているので、今後も電子機器類の視聴による視力低下の傾向は緩やかに続いていくと思われます。

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1or0fuu2″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子供のコンタクトデビューはいつから? 小学6年以下はコンタクトを控えるべき理由[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or0gkka” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

このような子供の視力低下の背景もあり、小学校入学前の子どもの中にも眼鏡やコンタクトレンズを使用する子どもは増えてきています。

コンタクトレンズを使用する主な理由としては、「子どもが眼鏡をかけるのを嫌がる」、「スポーツクラブに入っているので眼鏡ではプレイできない」といったものです。

結論から言うと、小学校入学前や小学生がコンタクトレンズを使用するのは良くありません。

コンタクトレンズデビューはせめて中学生から、できれば高校入学以降にすべきです。

それでも子どもにコンタクトレンズを使用させる場合には、これから後述する点に注意した上で眼科の専門医と相談して決めるようにしてください。

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1or0hqfi” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子供がコンタクトレンズを使用しない方が良い理由[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1oqsedok” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

角膜内皮細胞が早く減り、黒目の透明性が維持できなくなる

角膜内皮細胞とは、黒目の一番内側にある細胞で、黒目の呼吸や代謝を担っている細胞です。

角膜内皮細胞は、黒目の透明性の維持に重要です。
そのうえ、生まれた時から数が決まっており、一度失ったら二度と元の状態には戻りません。

角膜内皮細胞は年齢と共に減少していきますが、コンタクトレンズを長時間装用している人は、この減少速度が速くなってしまいます。

眼科の専門医も、コンタクトレンズの長時間装用の患者さんの角膜内皮細胞を測定してみると、細胞数がとても少なくなっている患者さんが多くて驚くようです。

角膜内皮細胞の減少による弊害は黒目の透明性が損なわれる点だけではありません。

細胞数が一定数を下回ってしまうと透明性が維持できなくなることにより浮腫(むく)み濁ってくるうえ痛みも出てきます。

治療は最終的には角膜移植によるしかなく、それでも元通りには戻らないそうです。
さらに角膜内皮細胞があまりに減ってしまっては、将来白内障などの手術ができなくなってしまうリスクもあります。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or0vn7j” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

トラブルに子供が対応できない可能性がある

コンタクトレンズを使用したことのある方なら想像できるかと思いますが、コンタクトレンズを使用していると、裸眼や眼鏡の場合には生じない諸々のトラブルがしばしば発生します。

コンタクトレンズが外れてしまうこと、外れたコンタクトレンズが乾いてしまうこと、付け方が悪かったため痛くて仕方がないこと、装用したまま仮眠したら目が上手く開けなかったことなど、何かしらの経験はあるのではないでしょうか?

こうしたちょっとしたトラブルに、小さな子供が落ち着いて適切に対処できるとは限りません。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or1400a” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

適切な維持管理、使用上の注意を子供が守れない可能性がある

また、ソフトレンズの場合には目が乾きやすいので目薬で適時水分を与えてあげる必要がありますが、小学4年生以下、ましてや小学1年以下の子供が目薬を常備し適時さすことができるでしょうか?

コンタクトレンズ装用時には目をこすってはいけませんが、我慢できるでしょうか?

1dayの使い捨てレンズでない場合、毎日レンズを洗う必要がありますが、子供がこまめにできるでしょうか?

使い捨てレンズの使用期限を守ることができるでしょうか?

コンタクトレンズの維持管理やいくつかの使用上の注意は、大人にとっては大したことではありませんが、小学校低学年の子どもにとっては煩雑で面倒くさいものです。

「ちゃんと見えてるから大丈夫」と思っていても、使用上の注意や管理を怠っていると、知らぬ間に眼球を傷つけてしまっていることもあります。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1oqsgirs” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子供のコンタクトのおすすめ[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or16dqi” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

コンタクトレンズにはソフトレンズとハードレンズがあり、使用期限にも種類があります。
それでは、子どもにとってはどのようなコンタクトがおすすめなのでしょうか?

結論としては、1dayのソフトレンズのうちシリコーンハイドロゲル素材のものが最も安全でオススメです。
ソフトレンズとハードレンズの違いは以下の通りです。

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or1f9ts” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

 

ソフトレンズ

ハードレンズ

素材

含水性素材(水分を多く含んだ素材)でできているため柔らかい。

プラスチック性素材でできているため硬い。

裏表

あり(裏表を逆に装用すると付け心地が悪くゴロゴロしてしまう)

なし

サイズ

大きい(黒目より少し大きい)

小さい

安定感

あり(ずれにくい、外れにくい)

なし(ずれやすい、外れやすい)

付け心地

良い(異物感が少ない)

あまり良くない(ゴロゴロした異物感あり)

乾きやすさ

乾きやすい(適時目薬をさして水分補給する必要)。

乾きにくい

汚れ

付着しやすい

付着しにくい

酸素透過性

悪い

ただし、シリコーンハイドロゲル素材のものならハードレンズと変わらない酸素透過性あり。

良い

長時間使用

向かない。成人の場合にも112時間が目安。

ソフトレンズよりは長時間使用に向く

レンズの寿命

短い。種類によるが、1day2weekなど短期間の使い捨てレンズが主流。

長い。1枚で13年。

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or1f1hk” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

ご覧のように一長一短はあるものの、上述のように一番のオススメは1dayのシリコーンハイドロゲル素材のソフトレンズです。

理由は、ハードレンズと違い、付け心地が良く外れにくい上に、ソフトレンズの弱点であった酸素透過性もハードレンズ並みに保たれているからです。

特に子どもは体育の時間や休み時間、スポーツクラブなどで動き回るため、外れにくさの点は重要でしょう。

また、ソフトレンズの中でも1dayがオススメの理由は、毎日のレンズの手入れが不要であり、かつ毎日新しいレンズに取り換えるためレンズに汚れが蓄積されないからです。

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1or1qd8k” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子供がコンタクトレンズを使用する上での注意[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or1r26l” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]上述の通り、子どものコンタクトレンズの使用は極力やめておくべきですが、それでも使用する場合というには、以下の事項を必ず守るようにしてください。[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1oqsil65″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

必要な時にのみ装用する

コンタクトレンズは眼にレンズで蓋をすることになるため目に酸素が十分に行き届かず、目が酸欠状態になってしまいます。

ソフトレンズの装用時間の目安は12時間ですが、子どもの場合には必要最小限の時間に限るべきです。

サッカークラブの試合のために必要という場合には、試合の少し前に装用し、試合終了後はすぐに外すようにしましょう。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1oqsjsnd” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

眼科の定期検診には必ず保護者同伴で行く

目に異常が生じない以上、眼科の定期検診は、面倒でサボりがちになってきてしまいます。

ですが、必ず毎回行くようにしてください。
その際、必ず保護者も同伴し、子どもの目の状態や視力、コンタクトレンズ使用の影響や取り扱い方が間違っていないかなど、きちんと把握しておくようにしてください。

目の異常の自覚はなく、何不自由なく生活できている場合であっても、眼球に傷が入っていたり、角膜内皮細胞の数が著しく減っているなどの事態が生じている危険はあります。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1oj8cpgd” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子供の視力低下を防止するため普段から心がけること[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1or1u7s4″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

最後に子どもの視力低下を防止するため、コンタクトレンズの装用の有無にかかわらず、以下の事項を守るようにしてください。

 

・姿勢を正して机に座る(勉強しているときなど机(本)に顔を近づけすぎない)

・テレビゲームやスマートフォン、パソコンの画面には近づきすぎず距離を保つ

・1時間机に向ったら、5~10分は遠くを眺めるなどして目を休ませる
(テレビゲームやスマートフォンなど電子機器類の使用の場合には、より高頻度で目を休める時間を作る)

・暗い場所で本を読んだりゲーム・スマートフォンの使用をしない
(暗い中でのブルーライトは目への影響がとても悪いうえ、眠れなくなったり睡眠が浅くなるなどの睡眠障害も生じる)

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0]
めがね
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマが登場!

最強のWordPressテーマが登場!

初心者でもすぐに上位表示が可能な最強のテンプレートを見つけました。これかなりオススメです。

CTR IMG