みなさんは何歳のときにお箸を持ち始めましたか?パッと思い出せる人はほとんどいないのではないでしょうか?

普段食事のときに当たり前のように使っているお箸ですが、子どもには何歳ごろから教えるべきなのか、また正しい持ち方や教える際の注意点は何なのかについて見ていきたいと思います。

子供がお箸を正しく使えるメリット

お箸を正しく使えるメリットは、食べ物を上手につまむことができるのはもちろん、食べ方が上品に見える、教養が身に付いていると感じてもらう点があります。

家族や友達同士での食事ならさほど気にすることはないでしょうが、職場の上司や接待での食事の席、あるいは恋人の両親との食事の席では、お箸を正しく使えないと最低限のマナーも身に付いていない人なのかとマイナス評価されてしまうこともあります。

長年使い慣れた持ち方を矯正するのは簡単なことではなく、また普段使いで問題がなければなおさら苦労して矯正しよういう気にはなれないでしょう。

やはり、お箸は持ち始める段階から正しい持ち方をマスターするのが一番であり、仮に間違って覚えてしまっていた場合でも、なるべく早く矯正するのが良いです。

 

子供に箸の使い方を教える時期

お箸を教えるタイミングは3歳頃のようです。保育園ではこの頃に給食もスプーンからお箸に移行していくことが多いそうです。

家庭でも3歳頃を目安にお箸の持ち方を教えてあげるのが良いでしょう。

 

子供に教える正しいお箸の持ち方

大人でも正しいお箸の持ち方ができている人は意外と少ないです。まずは、教える側が正しい持ち方を知っておく必要があります。

ohashi-min

① 上下の箸の先端をそろえた状態にします。

② 上の箸を人差し指と中指で上下に動かし、親指は先端から3分の2の位置で軽く添えるように持ちます。

③ 下の箸は、薬指の先端と親指の付け根に置いて固定します。

④ 箸で食べ物をつまむ時は上の箸のみ動かします。

 

箸の使い方を教える時の4つの注意点

1.お箸は手の大きさに合ったものを選ぶ

お箸のサイズが合っていないと持ち方が正しくても上手く使うことはできません。

お箸の長さは、親指と人差し指を直角に広げた長さ(㋐)の1.5倍が適切と言われています。

たとえば、㋐の長さが10cmの子どもの場合なら、10cm×1.5=15cmの長さのお箸がベストなサイズになります。

 

2.まだ早いと思っても子どもが使いたがったら教えてあげる

上で3歳ごろがお箸の持ち方を練習する適齢期と言いましたが、それよりも早い時期に子どもがお父さんお母さんの真似をしたがってお箸を使いたがることもあります。

小さすぎれば上手く持つことは難しいですが、お箸に限らず子どもが興味を持ったことに対してはその場でやらせてあげるのが子どもの満足感やチャレンジ精神にとって重要です。

そのため、興味を持ったのが吉日、子どもがお箸を使いたいと言ってきたら、どれだけ小さくっても、そのとき使いこなせなかったとしても練習させてあげましょう。

反対に、3歳になったけどお箸を使いたがらなかった場合には、無理やり持たせるのではなく、子どもが興味を持つまでしばらく待ってあげましょう。

周囲の友達がみんな使えるようになってきたら、自ずと自分も使えるようになろうと練習したがるようになります。

 

3.ある程度使えるようになったからといってOKしてしまわない

子どもにとって(大人にとても)お箸を上手に使うことは大変です。そのため、子どもが頑張った末にある程度不自由なく使えるようになったら、ついついOKを出したくなってしまうかもしれません。

ですが、みなさん自身、お箸の持ち方やペンの持ち方を変えるように言われたら困ってしまうように、一度覚えてしまった持ち方を矯正するというのは簡単なことではありません。

ある程度使えるようになったのなら、山の8合目まで登ったも同然です。最後のひと頑張りと思って、練習させてあげましょう。

 

4.矯正をする時には子どもの自尊心を大切に

一度覚えてしまった持ち方を矯正することは困難と言いましたが、すでに間違った持ち方で覚えてしまっている場合には矯正が必要になってきます。

「これで正しい」と思い込んでいることを間違っていると指摘されることは、大人でも恥ずかしいものです。

子どもがひねくれて「これでいいんだ!」と開き直ってしまわないように、指摘の仕方には配慮してあげましょう(もちろん、気を遣いすぎる必要はありませんが)。

「あれ、○○お箸の持ち方ちょっと違うよ。お母さんも上手に持てないんだ。一緒に練習しよっか!」など、子どもが傷つかない言い方で指摘してあげましょう。