子供の噛む力について意識している親後さんは案外少ないかもしれません。 子供は食べ物をよく噛まないまま呑み込もうとすることがあります。 ですが、噛む力を鍛えることは単に消化に良いだけでなく、様々なメリットがあります。ここでは、噛む力を鍛えよく噛む習慣を身に付けるメリットとその注意点について見ていきましょう。

現代人の噛む回数は戦前の半分以下

戦前の食事は、朝ごはんがご飯、味噌汁、漬物、晩ごはんはご飯、味噌汁、焼き魚もしくは煮魚、野菜の煮物や漬物など、主に雑穀や根菜類が主でした。併せて、食糧が今のように豊富でなかったため、当時の人たちは現代人よりも食べ物を文字通り噛みしめていました。一方、現代人の食事には、よく噛まなくても呑み込めてしまう物が多くあり、噛むという行為は戦前よりも大きく減りました。調査によれば、現代人の一回の食事で噛む回数は、戦前の人の半分以下にまで下がってしまったようです。

噛む力を鍛えることのメリット

ですが、噛むことによるメリットは実はたくさんあります。噛むことの重要性は子どもに限ったことではありませんが、幼児期に噛むことを習慣づけておくことは、大人になった後から習慣づけるよりも多くのメリットがあります。代表的なものは以下の通りです。

脳を活性化させる

あまり知られていませんが、噛めば噛むほど脳は刺激され、中でも前頭前野が活性化すると言われています。前頭前野は、脳の最高中枢とも呼ばれており、ワーキングメモリー、行動の切り替え、プランニング、推論などの認知・実行機能を担っているほか、高度な情動・動機づけおよびそれに基づく意思決定過程も担っています。
そのため、前頭前野を鍛えることは子どもの成長にとって非常に重要であり、それゆえ噛むことのメリットも大きいです。

 

あごを発達させる

噛むことであごは発達します。あごの骨格を見てみると、昔の人に比べ噛む量が減った現代人は華奢なあごをしています。あごの弱さは身体全体の筋肉や姿勢にも影響すると言われており、また、あごが弱ければ永久歯に生え変わった際、歯並びが悪くなってしまうとも言われています。

 

消化吸収しやすくなり、虫歯も予防できる

噛めば噛むほど唾液が分泌されます。この唾液には酵素が多く含まれており、食べ物の消化吸収を促進してくれます。
それだけでなく、唾液には虫歯の原因となる虫歯菌を退治し、虫歯を予防する効果もあります。

 

過食を防止できる

たくさん噛めば満腹中枢が刺激され、満腹感を得やすくなります。
現代人の肥満は社会問題化されており、文科省の発表によれば肥満傾向にある子どもの数も平成20年度には30年前(昭和50年頃)の2~3倍に増えたと報告されています。なお、「平成28年度学校保健統計調査」によれば、肥満傾向児(判断基準は後述)の割合は5歳児が2.68%、6歳児が4.35%、7歳児が5.74%、8歳児が7.65%という結果でした。
たくさん噛むことは、食べ過ぎを防止してくれるので、肥満による健康悪化や運動能力の低下を予防することができます。

 

精神をリラックスさせ、集中力を高める

噛むことには緊張を和らげる効果もあります。よくプロ野球選手や大リーガーがバッターボックスでガムを噛んでいますが、あれはリラックスのためなんですね。
そのほか、噛むと集中力や記憶力が上がるとも言われています。

 

表情が豊かになる

よく噛むことはその分口を動かすことになります。口角がきれいに上がっている人の笑顔は素敵なように、口の可動域が広い人は表情豊かであり、噛む(口を動かす)ことは口の可動域を広げてくれます。

 

噛む回数

以上のように、噛むことにはたくさんのメリットがあります。それでは、具体的にはどれくらい噛めば良いかと言うと、一口当たり30回ほど噛むべきと言われています。 もっとも、完食するまで毎回30回ずつ噛むというのはあまり現実的ではないので、回数についてはあまり神経質にならずアバウトで良いでしょう。食事の中で30回ずつ噛む時間を作り、お母さんお父さんが数を数えてあげるのも、子どもが楽しめて良いかもしれません。

よく噛む際の注意点

歯ぎしりをしないように

よく噛むことが習慣になるのは良いことですが、一方で歯ぎしり(強い力で食いしばったり、歯をぎりぎりと左右にすり合わせること)することが習慣になってしまうのは良くありません。
歯ぎしりを繰り返していると、歯がボロボロにすり減ってしまい、噛み合わせも悪くなってしまいます。もしも歯ぎしりが癖になってやめられなくなった場合には、小児科に相談に行きマウスピースをはめるなど対策が必要となることもあります。

 

姿勢

食事をするときの注意点としては姿勢があります。たとえば、食事中足を前後にぶらぶらさせているなど姿勢が悪いまま食事をしていると、歯並びも悪くなってしまいます。両足は膝を90度に曲げしっかりと床に固定しておくようにしましょう。こうすることで、骨盤が垂直に安定し、脊髄から頭までがぶらつかなくなります。