みなさんは親子で料理を作ったことはありますか?お母さんといっしょに料理をすることは子どもにとって楽しいだけでなく、子どもが成長するうえで色々なメリットもあります。 ここでは、子どもと一緒に料理を始めるタイミングやメリット、年齢別のオススメ料理などについて紹介していきたいと思います。

料理を始めるタイミング

子どもと料理を始めるタイミングに早い遅いはありません。子どもが料理に興味を持ったら、そのタイミングで始めてもらってOKです。料理に限らず、子どもが何かを始めるモチベーションとして、興味はとても重要な要素になります。

もちろん、子どもの成長度合いや料理、お母さんのスケジュール(他の家事など)によっては、とても子どもと一緒に料理を楽しむ精神的余裕や時間的余裕がないこともあるかと思います。

そんなときでも、お皿をテーブルまで運んでもらったり、お箸や食器を配置してもらう、あるいはお茶碗にごはんをよそってもらうだけでも、子どもは料理のお手伝いができたことに喜びを感じますし、そこから料理への関心を強くすることもあるでしょう。

料理をするメリット

子どもと一緒に料理をするメリットには以下のようなものがあります。

嫌いな食べ物の苦手克服になる

子どもの中には、ニンジンやピーマン、トマトなど、栄養価の高い野菜を嫌う子どもも少なくありません。野菜嫌いは、健康面で良くないだけでなく、小学校の給食でも苦労することになってしまうので早いうちに克服するに越したことはありません。

この点、自分自身で料理をすれば、いつも以上に美味しく感じることができるので、苦手だった食べ物でも「あれ?美味しい!」と変わるかもしれません。

 

栄養への関心を持つようになる

お母さんが「これは身体に良いからたくさん食べるのよ」と言っても、子どもは好きな食べ物でない限りそれほど素直には納得してくれません。

ですが、一緒に料理をするようになると食べ物そのものへの関心も持つようになります。一緒に料理をしながらお母さんが「トマトはね、病気にならないための栄養がたくさん入っているんだよ」と教えてあげると、子どもも「そうなんだ!」と普段よりもすんなりと納得してくれる場合が多くなります。

 

食べ物への感謝の気持ちや、お母さんへの感謝の気持ちを持ちようになる

すでにできあがった料理をただ食べるだけでは、毎日ごはんがあることに対して感謝の気持ちも芽生えてきません。

ですが、自分自身で料理をすることで、素材そのものに触れ、食べ物への感謝の気持ちが持ちやすくなります。また、料理が完成するまでの手間暇を体験したり、お母さんが実際にすぐそばで料理を作っている様子を見れば、毎日料理を作ってくれるお母さんへの感謝の気持ちも持つでしょう。

 

お母さんとの楽しい遊びの時間になる

子どもにとって料理のお手伝いは遊びの一つです。

一緒に料理をしながら色々とお話をすることは、親子の大事なコミュニケーションの時間になります。

 

「作る」という行為そのものにも興味を持つようになる

「料理はアート」と言われることもあるように、料理は、どうしたら美味しくなるのか、そうしたら見栄えが良くなるか、と創作意欲を掻き立ててくれます。

そのため、お絵かきや工作同様に、子どもの想像力や作ること一般への興味を引き立ててもくれます。

 

年齢別オススメ料理

それぞれの年齢に応じて、子どもにできることは違ってきます。個人差もありますが、オススメの目安としては以下のようになります。

2歳~3歳

このころは、トーストにジャムを塗ったり、ホットドッグにウィンナーやベーコンを挟む、レタスをちぎる、トマトのヘタを取る、マヨネーズをかける、などの簡単・安全な作業をお手伝いさせてあげるといいでしょう。

「上手にできたね~!」など、ほめ言葉も忘れずにかけてあげましょう。

 

3歳~5歳

このころになると、少し難度を上げて、おにぎりや餃子の皮包み、ハンバーグやパンのこね作業などをお手伝させてあげるといいでしょう。

おにぎりを上手に三角形にするのは難しいですが、その分子どもは作業工程を楽しむことができ、料理をした実感を持つこともできます。好奇心旺盛でヤンチャな子どもは、ついついとんでもない大きさのおにぎりを握ったり、具を入れすぎて全然固まらなかったりと失敗も多くしますが、それこそが子どもにとっての「実験」なのであり、トライアンドエラーなのです。

安全面での心配さえなければ、親の目から見て失敗が目に見えていたとしても、まずは好きなようにやらせてあげ、失敗を一緒に笑ってあげましょう。

 

5歳~

5歳以上になってくると、包丁を使ったり、卵を割ってみたり、火を使って茹でてみたり焼いてみたりと、ちょっとした料理を子どもが一人で作ることも可能になってきます。

もちろん、包丁や火の使用は危険ですので、親がすぐそばで見ておいてあげる必要はありますが、卵焼きや目玉焼きなど、簡単な料理を一人で完成させられる喜びは子どもにとって大きなモチベーションになるでしょう。

 

子どもが一緒に作りたい料理は

それでは、子どもはお母さんとどんな料理を作りたいと思っているのでしょう?株式会社バンダイが調査した「バンダイ子どもアンケートレポートVol.182」によれば、3~5歳の子ども500人の人気ランキング1位はカレーライス、僅差でハンバーグが2位となっています。


やはり子どもに人気の定番料理で、かつ子どもにも作りやすいものが多いですね。

ハンバーグや餃子、クッキー、パンなどは、こねる系・包む系の料理で、お好み焼きやオムライス、ホットケーキ、たこ焼きはひっくり返す系の料理で、いずれも子どもが楽しみながら作れますよね。

料理を一回きりで終わらせないコツ

子どもは飽きっぽいので、せっかくの親子での料理も一回きりで終わってしまうなんてこともあります。
料理には、上で述べたような多くのメリットがありますので、一回きりで終わらせてしまうのはもったいないですよね。

料理を一回きりで終わらせないコツは、何と言っても家族が「おいしい!」「ありがとう!」をたくさん言ってあげることです。

料理が得意な人がとく口にするのが「食べてくれる人がいたから上手になった」という言葉です。誰かに喜んでもらえることって、それだけで大きなモチベーションになるのです。


喜びの言葉だけでなく、「次はお父さんと作ってみようか」とか「おじいちゃんおばあちゃんにも作って食べてもらおうね」など言ってあげると、より料理をする楽しみが持ちやすくなるでしょう。