小学校受験をするお子さんの多くは塾に通っています。塾では、効率的・効果的なカリキュラムが取られていますし、友達もいる、何より親御さんの負担が大きく減るメリットがあります。ですが、塾に通わせることで減るのは負担だけではありません。お金も大きく減ります。。(笑) 「経済的負担」という意味では、塾に通わせることによる負担はとても大きく、できることなら塾に行かずに済ませたいと考える人もいますよね。 そこで、ここでは小学校受験で塾に行かなくても合格することはできるのか?合格のためのコツは何なのか、について紹介していきたいと思います。

塾に行かせるべきかどうかのメルクマール(指標)

塾に行かせないで合格する方法を述べるのが本コラムの趣旨ですが、一般にレベルの高い学校になればなるほど、周りの子たちの入塾率も上がり、独学では難しくなってきます。 そこで、学校のレベルも考えつつ、まずは志望校の説明会へ行ってみましょう。説明会の中で試験内容を知ることができるほか、その志望校へ入るためには塾に行かないと難しいのかを率直に聞くことができます。ここで知った内容を元に、家庭の事情や子どもの性格などを考慮したうえ、塾に行かせるかどうかを判断してみるのも良いでしょう。

ペーパー試験

市販の問題集でも対策可能

ペーパー試験の問題を理解し、解答できるようになること自体は、親御さんが子どものモチベーションを維持し続けることさえできれば市販の問題集でも可能です。小学校受験レベルの問題が分からないということはありませんからね。
もっとも、独学ゆえの難しさももちろんあります。ひとつは、塾のような強制力の働かない環境下で、子どもが継続的に問題集をこなしていくことや親御さんが子どもの勉強にかまってあげることが難しい点です。この点は、「小学校受験は親子でやる受験だ」と当事者意識を持って、二人三脚で勉強していく覚悟を持ってもらうしかありません。

 

学校ごとに傾向が違うので過去問はマスト、模擬試験も

ここで注意したいのは、ペーパー試験には学校ごとに傾向があるので、志望校の傾向を知らないままやみくもに問題集を繰り返すのは非効率だということです。小学校受験から大学受験、さらには資格試験に至るまで、およそ受験勉強というものは「過去問に始まり過去問に終わる」と言っても過言ではありません。HP上で過去問を公表している学校も多いので、過去問の入手・演習を受験勉強の基本に据え、過去問に類似した問題を問題集で重点的に解いていくのが効率的でしょう。また、相対的に見て、子どもがどのレベルにいるのか、現在の勉強方法・勉強量が間違っていないかを確認するために、模擬試験も積極的に受験しましょう。

 

本番の環境に慣れさせることがとても大事

何よりも独学の難しいところは、本番の試験は親のいないところで行われるということです。塾に通っている子どもの場合、親と離れた状況下での試験に慣れているのに対し、独学の子どもは普段親と一緒に勉強をしているため慣れていません。その結果、試験本番で過度に緊張してパニックになったり、不安で泣き出してしまうなど、普段の力を発揮できない場合があります。この点は独学のデメリットと言わざるを得ませんが、模擬試験で本番に近い雰囲気に慣れさせたり、普段の勉強でも常に一緒にいるのでなく、しばらくの間一人にさせて問題を解かせるなどして、親のいないところでの試験に慣れさせる練習を重ねておくべきです。

 

行動観察

子どもの行動は必ずチェックされている

ほとんどの学校で実施されるのが行動観察。たとえば、椅子取りゲームや電車ごっこ、共同制作、食事などを通して、その子が学校という集団生活の中で上手くやっていくことができるかどうか観察・評価されます。たとえ行動観察という科目自体がなくとも、自由行動や工作、待ち時間の様子を観察するなどして、子どもの行動はチェックされています。

 

独学で行動観察の練習をするには

この行動観察は、ペーパー試験のように家で親子二人で練習、というわけには中々いきません。行動観察の練習の機会が少ない点は、独学の大きなデメリットです。
それでは、この行動観察の練習を独学でやるにはどうすればよいでしょうか?それは、学校側がどのような子を評価するかという視点から逆算すればよいです。学校側としては、集団生活になじむ元気で明るく礼儀正しい、協調性のある子を求めているはずです。なので、普段から挨拶を大きな声できっちりさせたり、「ありがとう」や「ごめんなさい」を素直に言わせるようにしたり、兄弟や友達同士と遊ぶときには、相手を思いやった言動を取らせるよう注意したりすることで、行動観察で評価される子どもに近づけるでしょう。

 

行動観察の時間でなくても行動は観察されている

なお、行動観察という試験科目がなかったとしても、行動はチェックされていると前述しました。反対に、行動観察という試験科目があったとしても、行動が観察されているのはその試験時間中だけでないことに注意しましょう。たとえば、廊下を走り回ったり、先生に暴言を吐いたり、他の子と喧嘩したり…。行動観察の試験時間であろうとなかろうと、このような行動を取ってしまえば、他の試験成績がいくら良くても一発アウトになりかねません。先生に話しかけられ「うるさい」と言って不合格になってしまったという話もあります。こうした言動は、普段の生活から現れることですので、試験対策というよりも日常の教育レベルの問題としてきちんとしつけるようにしておくべきでしょう。

 

面接

面接は保護者の試験でもある

面接は子どもにとっての試験であるだけでなく保護者にとっての試験でもあります。面接官が保護者に投げかける質問に丁寧に答えること、言葉のキャッチボールを上手く行うことを重視してください。そのためにも、あらかじめ準備できそうな質問と答えは準備しておくべきです。「なぜ当校を第一志望としたのか」、「家庭ではどのようなしつけをしているのか」、「子どもにはどういう大人になってほしいのか」「休みの日は子どもとどのように過ごしているのか」などなど。

 

言いたいことを言うのが面接ではない

ここで注意したいのは、自分の言いたいことばかりを言わないことです。面接とは、保護者が学校に何かを要求する場ではありませんし、また子どもや家庭の自慢をする場でもありません。面接を通して、「この保護者の下で育てられている子なら当校で預かっても問題ないな」と面接官に思ってもらうための保護者自身の試験の場なのです。

 

子どもへの質問・回答もあらかじめ準備しておく

面接では、子どもへの質疑応答もなされます。それほど難しい質問はなされませんが、やはり言葉のキャッチボールですので、たびたび会話がストップしてしまったり「分かりません」と答えてしまうのは望ましくありません。子どもへの質問・回答についても、準備できるものは準備しておきましょう。たとえば、「ふだん家でお手伝いはしていますか?」、「あなたの名前にはどういう意味が込められているのですか?」、「小学校に入ったら何がしたいですか?」、「大きくなったら何になりたいですか?」などなど。
「幼稚園(保育園)のクラスの先生はなんて名前ですか?」という質問も定番ですが、「園長先生の名前は?」ともう一歩踏み込んで聞かれることもあるようなので、質問を準備する際には一歩踏み込んだバージョンの質問も考えておく方が確実でしょう。