近年、グローバル化していく中で、中学からインターナショナルスクールで子供に英語を習わせたいと思う親御さんが増えています。

これからの国際化社会には英語は必須です。そこで今回は中学校からインターナショナルスクールに通う際の注意点についてまとめてみました。

中学からインターナショナルスクールを卒業しても義務教育にならない

まず一般論として覚えておきたいのが、インターナショナルスクールは、「英語学校」ではありません。
インターナショナルスクールは、「学校法人」として認可を得ている学校と、認可を得ていない学校があります。

現在日本にあるインターナショナルスクールのほとんどが、学校法人法に基づく「各種学校」として都道府県から認可を受けていない「無認可校」です。

認可を受けている学校は、全国でも少なく、その他の施設については、文科省も数を把握できていません。
「認可校」も、あくまでも「各種学校」になる為、日本人の子供達が通っても就学義務の履行として認められていません。
したがってインターナショナルスクールで小学校、中学校で学んだ日本人の子供達は、「義務教育」を終えているとは認められないのです。

インターナショナルスクールの入学条件

1. 子供の国籍
2. 子供の英語力
3. 保護者の英語力(父母のどちらかがネイティブスピーカー、または同等の英語力がないと入れません。)

これらの入学条件は、特に老舗インターナショナルスクールにおいて必ず問われる条件です。

新設インターナショナルスクールでは、日本人経営者が多い為、親の英語力はさほど問われていないようですが、子供の英語力は、問われてきます。学年が上がるほど、英語は難しくなり、学校内はすべて英語で行われるということを念頭に入れておかないと、厳しいです。

中学のインターナショナルスクールの学費

インターナショナルスクールは、前述のとおり、そのほとんどが無認可の施設の為、市町村からの補助金などは一切ありません。

学校経営への補助もない為、すべて学費、保護者からの寄付金によって運営されています。
したがって学費はとても高額です。およそ年間200万から250万円が平均的な学費です。

サマースクールでインターナショナルスクールを体験

このようにインターナショナルスクールの学費は非常に高額ですが、最近では夏の間だけインターナショナルスクールに通わせることのできるサマースクール制度をやっているところもあります。

これならば夏の間だけですが、安くインターナショナルスクールに通わせることもできます。

サマースクールならば5日間くらい、朝の9時くらいから15時くらいまでで、5万円から8万円くらいの費用で済みます。
インターナショナルスクールに子供を通わせたいが、とても200万円なんて出せない・・・という方はサマースクールだけでも活用してみてはいかがでしょうか。

中学からのインターナショナルスクールを選ぶ時のポイント

インターナショナルスクールへ通わせたいと思う親は、近年増加の一途です。

関東圏内のインターナショナルスクールは、今現在どこも満員なところが多いようです。

老舗から新設インターナショナルスクールまで、種類はいろいろとありますが、学校選びには沢山チェックしたい項目があります。

確認すべきポイント

1.1クラスの人数
2.学費に含まれるもの(遠足、スキー旅行、林間学校などは?)
3.学費以外に必要とされる経費
4.最後に学費の値上がりはいつ?(重要です!毎年少額で値上げているところから、過去5年値上げをしていないところもあり必ずチェックしましょう)
5.先生の平均滞在年数(重要です!すぐに先生が辞めてしまうようなところは要注意!)
6.子供達の英語力(英語が苦手な子供には英語強化クラスがあるか?)
7.中学までのインターナショナルスクールは「進学先の高校」、高校までのインターナショナルスクールは「進学先の大学」

以上7点がぜひ聞いてもらいたいポイントです。パンフレットに、ネットに載っていない情報こそ学校見学で聞いてみてくださいね。