小学校受験は、中学受験以降と比べても、子どもが幼く個人差があり、家族のサポートが不可欠です。また、小学校受験には失敗したが、その後中学校受験で名門校に合格したという例も多くあります。 このように、小学校受験は中学受験以降と比べても向き不向きが大きいと言えます。 そこで、ここでは小学校受験に向いている子と向いていない子について紹介していきたいと思います。

協調性があるか否か

向いている子

小学校受験には「筆記試験」や「面接(本人・保護者)」だけでなく、「行動観察」と呼ばれる項目もあります。「行動観察」では、受験生の子どもたちをグループ分けして自由に遊んでもらい、その中で子どもが入学後集団生活の中で他の子たちと上手く生活していけるかを判定します。
このような趣旨でなされる「行動観察」では、当然協調性のある子が評価されます。普段から誰とでもすぐに仲良くなることができ、一緒になって楽しむことができる子は小学校受験にも向いています。

 

向いていない子

反対に、わがままで自分勝手なふるまいをする子は「行動観察」では評価されません。また、人見知りで大人しくみんなの輪の中に入っていけない子も、「行動観察」での評価は厳しいかもしれません。
もっとも、幼児教室でも「行動観察」の対策はしっかりと講じられています。根は大人しくても、「行動観察」では頑張ってみんなの中に入っていけるよう訓練をすれば、十分協調性のある子として評価してもらうことは可能です。合格者の中にも、元々はすごく人見知りな子でしたが、一年間幼児教室に通った結果、本番では社交的なふるまいができて合格できた子は多くいます。

 

集中力があるか否か

向いている子

小学校受験では、一定の時間内にどれだけの作業をこなせるかどうかも重視されます。
たとえば、時間内に仲間外れのものを選択させたり、物の数を数えさせたり、ある絵を数秒間見せて相違点を聞いたりなどが挙げられます。物事に集中して取り組めるようなお子さんじゃないと、少し厳しいものがあります。

こういった作業が好きなお子さんには小学校受験、特に筆記試験などは難なくクリアできるのではないでしょうか。

 

向いていない子

言わずもがな、落ち着きがなく、飽きっぽいお子さんには上記のような作業は苦痛でしかないでしょう。自分の好きなタイミングで好きなことだけをやるようなお子さんは、そもそも何かを時間内に集中して行うということが苦手と言えます。

小学校受験は集中して取り組まなければならないことのオンパレードですから、1分でもじっとしていられないようなお子さんには不向きといえるでしょう。

人前でハキハキと話せるか否か

向いている子

小学校受験では「面接」も重視されます。やはり、心身ともに成長過程の真っただ中にある小さな子どもなので、中学受験以降に比べても人物面が重視されます。面接では話す内容も大事になりますが、面接官に対しても元気にハキハキと話せる子は評価が高いです。この点は、就職の採用面接でも同じですよね。まったく同じ内容を話したとしても、ハキハキと話す子の言葉には説得力があり、好意的に解釈されやすくなります。

 

向いていない子

反対に、人前で緊張してオドオドしてしまう子は「面接」では不利になってしまいます。もちろん、面接で緊張してしまうのは大人も同じですし、面接官もよく分かっているので、ハキハキしていないだけで不合格になることはありませんが、ハキハキ話すことができる子よりも相対的に低評価にはなってしまうでしょう。学校側も色々なタイプの生徒を求めているので、大人しくて静かに話すタイプの子でも、内容がしっかりしていれば十分に高評価を得ることはできます。ですが、やはり最も評価されやすいのはハキハキタイプの子です。

 

負けず嫌いか否か

向いている子

小学校受験も受験であり競争です。そのため、とくに「筆記試験」の分野において、「他の友達に負けたくない」、「分からない問題を解けるようになりたい」という負けず嫌いな気持ちがある子は、成績もぐんぐん向上していきます。
筆記試験の内容は、「記憶力」(物語や絵を記憶)、図形の異同(間違い探し)、「推理・思考力」、「比較・数量」(数学的分野)、「知識・常識(季節感・マナーなど)」などです。

 

向いていない子

反対に、「他の友達に負けても別にいいや」、「分からなくてもいいや」という子はあまり向かないかもしれません。競争意識が希薄でも、淡々と勉強を継続できる子であれば、成績も向上していくでしょうが、小さな子どもは勉強の必要性や意義をリアリティを持って感じることは厳しいので、負けん気の強さの有無は勉強の継続においてもあるに越したことはありません。

 

自律しているか否か

向いている子

小学校入学前の5~6歳の子どもに自律という言葉を使うことには違和感があるかもしれません。ですが、5~6歳の子どもであっても、合格という目的を子どもなりに認識し、目的達成のために自分をコントロールできる子(自律している子)はいます。結局のところ、受験勉強は遊びたい時間、ダラダラしておきたい時間を勉強に割いて、どれだけ主体的に取り組むことができるか、という点に帰着します。目的意識を持てる自律した子は、自ずと合格していくと思います。

 

向いていない子

反対に、自律できていない子の場合、受験勉強を続けていけない子も出てきます。5~6歳の小さな子どもに自律を求めることは酷な気もしますし、自律できていない子が絶対に受験に向かないとも言えません。ですが、家庭でも何のために受験をするのか、合格するとどんな良いことがあるのかをきちんと説明して子どもに納得させておくことは、子どもが主体性を持てるか否かに影響してくる重要な点と言えます。

 

楽しみながら取り組むことができるか否か

向いている子

「好きこそ物の上手なれ」という格言があるように、楽しんでやれることなら自然と得意になってくるものです。ですので、お勉強を楽しめる子はもちろん受験にも向いています。
もっとも、始めからお勉強が好きという子もなかなかいません(大人でも勉強は嫌いですよね…)。なので、たとえば家族で一緒に問題を考えてみて早押しクイズの形式で答えてみる、正解したら大げさに褒めてあげる、「勉強しなさい」を連呼しない、など楽しむための工夫を家族みんなでしてあげてください。小学校受験は家族みんなの受験でもあり、こうした家族のサポートができる家庭は受験に向いていると言えます。

 

向いていない子

反対に、「宿題はやったの!?」「テレビばっかり見ていないで早く勉強しなさい」などとガミガミ説教するばかりで、子どものモチベーションを上げることが下手な家庭や、家族(お父さん、兄弟姉妹)が子どもの受験に無関心な家庭は受験には向かないでしょう。

 

落ち着きがあるか否か

向いている子

普段から、先生や親御さんの話を黙って聞けるタイプのお子さんはお受験に向いています。相手の話を聞いて、聞かれたことに応える、面接できちんと会話ができる必要条件とも言えます。また、面接以外の筆記試験でも真面目に物事に取り組めていると高い評価を受けます。
大人の社会でも、落ち着きのない人の印象は悪くなりますね。子どもでも同じです。

 

向いていない子

反対に、先生や親御さんの言うことを黙って聞けないタイプのお子さんは向いていません。特に男の子に多いようですが、話している人の方を見ない、足をブラブラさせている、こういった子は、きちんと会話ができない子と評価されてしまいます。

挨拶ができるか否か

向いている子

挨拶を大きな声で元気よくできることは、小学校受験では非常に大切なことです。挨拶が基本!とも言われています。面接で多少的外れなことを答えたとしても、筆記試験ができなかったとしても、きちんとした挨拶がカバーできるといっても過言ではありません。
特に最初の挨拶は非常に重要です。きちんと挨拶ができる子は非常に印象が良くなります。また、挨拶ができると家庭での教育が普段からしっかりできているという印象を与えます。
挨拶は普段の教育が如実に反映されます。受験のために訓練された子なのか、自然にできる子なのか、先生方は挨拶でわかると言われています。

 

向いていない子

反対に、挨拶ができない子は小学校受験では致命的です。挨拶ができなければ、コミュニケーション能力が低い子とみられます。また、家庭環境にも疑問が付きます。挨拶ができないというのは、家庭環境が悪いと思われても仕方ありません。家庭環境が重視される小学校受験では、大きな痛手となります。