幼稚園や小学校の受験では保護者も一緒に行かなければならないことはけっこう多いです。

そのときにだらしない服装をしているとそれだけで面接官に悪い印象を与えてしまいます。
大事なお子さんの受験のときに自分の服装のせいでマイナスポイントを作りたくはないですよね?

ではお父さんがお子さんと一緒に行く場合にはどのような服装が望ましいのでしょうか。

幼稚園にせよ、小学校にせよ、学校側は保護者に何を期待しているか。

それはキチンとした教育を子供にしている保護者かどうかということ。人は見かけで判断しないとは言うものの、第一印象はどうしても見かけになってしまいます。
キチンとした教育をしているかどうかというのは、誠実であるかないかということ。

その誠実さを服装で表現するに当たってまずは何と言ってもスーツが基本です。

普段、仕事でスーツを着ないという方でも、この日ばかりはスーツで臨んだ方が無難でしょう。お受験スーツといっても普段のビジネスシーンでも着られるベーシックな形のスーツで大丈夫です。

「何だ、じゃあわざわざ気を遣わず、普段通りのスーツでいいや」と思われるかもしれません。しかし、具体的に何がベーシックかと聞かれるとなかなか答えられないのではないでしょうか?

例えばベーシックなスーツの色って何色?と聞かれてすぐに答えられますか?

パンツの裾はシングル?ダブル?どっちがベーシック?

中にベストを着るスリーピースのタイプと着ないツーピースタイプ、どちらがベーシック?

ここではベーシックなスーツについて改めてみていくことにしましょう。

お受験の日に着るべきスーツとは

ベーシックなスーツの色というのはネイビー(紺)か、グレー。

どちらも出来る限りダークな方がいいでしょう。

そして、ビジネスシーンでは、ストライプが入っていてもOKなのですが、受験の面接の時には控えたほうがよいです。ストライプ幅が広かろうが狭かろうが、無地のものをチョイスした方が無難です。

シャツ

シャツは無地の白シャツが基本中の基本です。

襟の広さも最もベーシックなものを選択したほうが良いでしょう。ワイドカラーは止めておいたほうが無難です。

またボタンダウンのシャツをビジネスシーンにおいて着ている人が結構いますが、ボタンダウンは元々カジュアルなものになりますので、これも止めたほうが良いでしょう。

お受験の日に選ぶネクタイ

ネクタイは皆さん複数持っていると思いますが、お受験の際には色に気を付けましょう。

というのも各学校には学校を表すカラーというのがあります。ここで言うカラーというのは校風というカラーではなく、あくまで色としてのカラーです。

スポーツのユニフォームの色であったり、箱根駅伝のタスキなんかも各学校色がありますよね?その色のことを言っています。なかなか受験する学校のカラーと同じネクタイを揃えるのは、難しいですし、ヨイショしすぎなんじゃないかと思うかもしれませんが、ネクタイの色を揃えられるのであれば揃えたほうが良いでしょう。

学校のカラーなんてわからないよという方は、無地を選択してメッセージ性を打ち消したたほうが良いでしょう。

靴下

みなさん以外に思われるかもしれませんが、実は足元もけっこう見られています。

足元というとだいたい靴の場合が多いですが、お受験の際にはほとんどが教室で行われますのでスリッパを履いています。したがってお受験の際には靴ではありません。大事なのは靴下です。

面接は大抵椅子に座って行われます。ここで意外と気が付いていないかもしれませんが、すねが相手に見えている場合があります

面接中に足を組むなんてことはしないでしょうが、普通に座っていても、意外とすねが見えることがあります。ハッキリ言って残念な感じに見えてしまいます

よく紳士靴下売り場で売っている靴下は実は概ねすねが見えてしまうタイプがほとんどです。思い切ってロングタイプの靴下を揃えたほうが良いでしょう。実はお受験専門塾では、これをかなり注意しています。

 
いかがでしたでしょうか?今回でお受験の際の父親のスーツの服装についておおまかなイメージは掴めたと思います。

ぜひ参考にしてみてください。