プリスクールとは

プリスクールとは、幼稚園と保育園を足したような施設で、園内での会話や授業内容に英語が含まれる施設のことです。

プリスクールの概要は別記事『プリスクールってどんなところ?~費用やインターナショナルスクールとの違い~』で、また幼稚園や保育園、インターナショナルスクールとの比較は別記事『プリスクールってどんなところ?~費用やインターナショナルスクールとの違い~』で紹介しているので、そちらも参照してみてください。

プリスクール卒業後、英語を忘れてしまうリスク

プリスクールでは、英語を日常語として見聞きするので、卒業時点で高い英語力を期待できます。

もっとも、現時点では英語教育が義務教育として本格的にスタートするのは中学入学以降です。

2020年度からは小学3・4年生で英語が必修化され、小学5・6年生では教科化されますが、それにしてもプリスクール卒業からは丸2年が経過しますし、小学校で学ぶ英語では、プリスクールでネイティブに近い英語力を備えた子どもの英語力を持続させることはあまり期待できません(なお、必修とは、必ず教わらなければならないが、教科と違い成績対象にならないもの。教科とは、国が指定した教科書を用いて学習し、成績評価の対象となるものをいいます)。


このように、プリスクールでは高い英語力を身に付けることが期待できる反面、卒業してしまえばその英語力が一気に落ちてしまうのでは?と考える方も多いと思います。


それでは、プリスクール卒業生は、どのような進路を取っているのでしょうか?

プリスクール卒業生の進路

結論的には卒業生の進路は色々です。パターンとしては以下のようになります。

公立小学校へ進学

「小学校は普通に公立で」と考える親御さんも多いようです。

公立小学校の魅力は、他の進学先に比べ経済的にはるかに安く済む点や、日本人としてのアイデンティティや人格形成を大切にしたい、あるいは他の進学先に比べ色々と違った家庭の子どもたちと集団生活をすることで視野の広い大人に成長できる点などでしょう。


公立小学校に通ってしまえば、前述の通り、英語教育が本格化する2020年度以降であっても丸2年間は学校教育で英語に触れなくなってしまいます。

そのため、英会話教室に通ったり、プリスクールのアフタースクールを活用することで英語力を持続させる方が多いようです(プリスクールのアフタースクールとは、プリスクール卒業後も放課後を用いて園内で英語学習を行うことができるカリキュラムです。

すべてのプリスクールに設置されているわけではありませんが、設置しているスクールは少なくありません)。

 

私立小学校へ進学

プリスクールに入学させる家庭には、教育熱心な家庭が多いので、英語教育を含め教育内容が充実した私立小学校へ進学させる方も少なくありません。

最近では、プリスクールの中にも、小学校受験を意識したカリキュラムを編成しているところも増えてきているようです。


私立小学校のカリキュラムは学校ごとに様々なため、英語学習の環境も学校によって違ってきます。私立小学校に進学する場合も、英会話教室やプリスクールのアフタースクールを活用する方は多いです。


なお、平成26年度に文科省が発表した「子供の学習費調査」によると、公立小学校の学校教育費が年間約6万円なのに対し、私立小学校は年間約88万5千円と、はるかに高額です。

また、学校教育費に習い事や給食費を加えた学習費総額では、公立小学校が年間約32万円なのに対し、私立小学校は約153万円となっています。

私立小学校に通わせた場合、入学から卒業までのトータルで、918万円もかかるということは念頭に置いておく必要があるでしょう。

 

インターナショナルスクールへの進学

プリスクール卒業後、さらに英語漬けの環境に、ということでインターナショナルスクールへ進学される方もいます。
インターナショナルスクールへの進学の場合、学校教育費だけで年間約200万円ととても高額です。先ほど私立小学校が高いという話をしましたが、それでも88万5千円でしたから、いかにインターナショナルスクールが高いか分かりますね。そのうえ、仮に私立小学校の子どもと同じくらいの費用を習い事にかけたとしたら、年間約260万円にもなります。インターナショナルスクールに通った場合、中高もインターナショナルスクール、という流れになりやすいですが、その場合、学費や習い事だけで2500万円~3000万円ほどかかることになります。また、インターナショナルスクールから、通常の公立または私立学校へ転校することは可能ですが、雰囲気になじめるかという点で私立学校から公立学校への転校よりもずっとハードルが高いようです。アメリカ的な授業・カリキュラム(ざっくり言えば、先生と生徒や生徒同士のコミュニケーションを重視する楽しい授業)が取られているインターナショナルスクールから、詰め込み型で議論よりも正解を重視する日本的な授業・カリキュラムに順応するのは難しいようです。
インターナショナルスクールへの進学を考える場合には、経済面や転校の難しさもしっかりと考慮して決める必要があるでしょう。

 

イマージョン教育校への進学

イマージョン教育校とは、日本の義務教育の枠内で英語にどっぷりと浸かる(immersion)ことができる学校です。インターナショナルスクールが義務教育の対象とならないのに対し、イマージョン教育校は義務教育の対象となる点や、生徒の多くが日本人である点が特徴でしょうか。


国語以外の科目について、教科書も授業もすべて英語で行うイマージョン教育校は、インターナショナルスクールに替わる、日本にいながら英語を早期マスターできる環境として、最近注目を集めています。


学校教育費については、年間約100万円~150万円ほどであり、インターナショナルスクールよりは安いものの、私立小学校よりも高額となっています。私立小学校の子どもと同じくらいの費用を習い事にかけたら、年間160万円~210万円ほどかかることになります。

そのため、イマージョン教育校へ進学する場合でも経済面を考慮しておくことは重要です。