プリスクールとは

プリスクールとは、幼稚園と保育園を足したような施設で、園内での会話や授業内容に英語が含まれる施設のことです。英会話教室が英語を「学ぶ」のに対し、プリスクールでは英語で「生活」をします。

そのため、より子どもにとって抵抗なく自然な形で英語を身に付けることができるというメリットがあります。

社会のグローバル化に伴い英語の必要性がますます大きくなっていることから、聴覚が優れている幼少期のうちから英語を学ばせようという保護者が増え、プリスクールは都市部を中心に近年どんどん増加しています。

プリスクールは都市部に集中

このように増加中のプリスクール。


現在その数は約300校にも及びます。もっとも、その数は都市部に集中しています。


上から順に、東京都177校、神奈川県51校、大阪府42校、愛知県38校、兵庫県21校と続きます。
このように大都市に集中しており、地方は県内に0校~3校程度しかないところが大半です。

インターナショナルスクールとの違い

さて、プリスクールと聞いた人の中には、「それってインターナショナルスクールとどう違うの?」と思われた方もいるかと思います。


インターナショナルスクールには小学校以上のものもありますが、未就学児を対象としたものもあります。

かつては、日本にプリスクールというジャンルの保育施設はほとんどなく、英語が用いられる保育施設=インターナショナルスクールでした。

そこでは、海外から日本に赴任してきた親の子どもや、海外から日本に帰国した帰国子女が通うのが一般的でした。これに対し、日本人が日本にいながら英語の環境下で保育を受ける施設として誕生したのが、プリスクールです。


ですが、現在では両者の違いはあいまいで、厳密な区別はされていません。

インターナショナルスクールと称していても、日本生まれ日本育ちの子どもが多く通うところもありますし、一つの学校でも1歳~3歳までのカリキュラムをプリスクールという呼び、4歳以降をインターナショナルスクールと呼ぶところもあります。

ですので、プリスクールかインターナショナルスクールかといった名前にこだわる必要はなく、純粋に費用や立地、教育内容を重視して、入園先を選べばよいでしょう(この記事では、インターナショナルスクールも含めてプリスクールと呼びます)。

内容は学校ごとに様々

幼稚園や保育園と比べ、プリスクールの内容は学校ごとに様々です。週1回から通えるところが多く、午前8:30~10:30くらいに始まり、午後14:00~15:00くらいに下校、というのが最も典型的なパターンです。


もっとも、学校によっては時間によってコースを選べるようになっているところも多く、午前中だけのコースもあれば、午前8:30~午後18:00までのフルタイムのコースもあり、家庭ごとのニーズに応えられるような工夫がされています。


児童の数が10人以下の少人数制のところ
教育内容も学校ごとに様々で、簡単なパソコンを扱ったり、肝心の日本語能力がおろそかにならないよう日本語の授業があるところもあります。

プリスクールの費用

日本に暮らしながら子どもの英語学習に最適なプリスクールですが、気になるのはやはりお金ですね。学校や選択するコースによって大きく違ってきますが、おおよそ年間150万円はかかると見ておくべきでしょう。


週1回から通えるところが多く、その場合の月謝はおよそ1万5000円~3万円ほど。
週3回なら3万円~7万円ほど、週5回なら6~12万円ほどが平均です。


これに入学費(およそ2~3万円)や各イベント費、給食費などが加わります。

プリスクールの1日

このように時間もカリキュラムも様々なプリスクールですが、おおよそのイメージは以下のようなものです。

10:00-10:30:自由遊び
→一人で遊ぶ時間で、個人の興味を重視したものです。

10:30‐11:00:サークルタイム
→グループで遊ぶ時間。音楽を聴いてみんなで歌ったり、みんなで運動をしたりします。先生から物語のお話を聞くこともあります。

11:00-12:00:外遊び
→公園で運動をしたり、自然観察をします。

12:00-13:00:ランチタイム、お片付け
→ランチタイムでは、給食のところもあればお弁当を持参するところもあります。給食費は1回ごとに有料だったり、月謝制になっていたり色々です。

13:00-14:00:スペシャルアクティビティ
→毎月のテーマに沿った遊びをします。お絵かきや工作などの創作活動やクッキングなどを行います。

14:00:帰宅