スポーツ系の習い事は、子どもの体力向上はもちろん、上達することで自信がついたり、チームプレーの中で協調性を身につけたりと精神的にも成長することができます。

ここでは、数あるスポーツ系の習い事の中で、おすすめのものを紹介していきます。

スイミング

スイミングは0歳から受講可能なところも多く、スポーツ系以外の習い事も含め、習い事のランキングで男女ともにトップクラスの人気があります。

おすすめの理由

脳の活性化
脳との関連性が高いと言われており、幼少期からスイミングをしている子どもは学習能力も高いと言われています。

丈夫な身体づくり
スイミングは全身運動なので、身体全体の筋肉をバランスよく発達させることができます。また、循環器官の向上も期待できるため、子どもの喘息が改善したという話もよく聞きます。

教室がたくさんあり、送迎バスも出て安心
スイミングスクールはどこにでもありますし、送迎バスが出ているため送り迎えの必要がありません。

けがをしにくい
サッカーや野球、空手のような運動系の習い事の場合、骨折や捻挫の心配がありますが、スイミングでけがをすることはまずありません。

小学校の授業で困らないように
小学校の水泳の時間に泳げなくて辛い思いをしなくて済みます。

 

サッカー・野球

球技系の習い事の中で定番のサッカーと野球。男の子の習い事のイメージが強いですが、なでしこジャパンの活躍もあり女の子でサッカーを習う子も多くなりました。

おすすめの理由

子どもから習いたがる
特に男の子の場合、自分から習い事をしたいとはあまり言い出しません。 ですが、サッカーや野球は物心ついた頃からテレビで観たり友達同士で遊び出すことが多いため、子どもの方からやりたいと言い出すことがよくあります。 習い事を続けるには、子ども自身が興味を持つのが一番ですので、サッカーや野球は続けやすいスポーツと言えるでしょう。

協調性を身につけることができる
体力の向上はもちろん、チームプレーが必要とされるスポーツなので、協調性を身につけることもできます。

将来も役に立つ
これも主に男の子の場合ですが、サッカーや野球は、中学~大学までのクラブ活動や体育の授業、さらには社会人になった後のフットサルサークルや草野球、子どもができた後の休日の遊びに至るまで、末永くプレーし得るスポーツです。 そのため、サッカーや野球を得意とすることは、人生の色々な局面で役に立つでしょう。

 

バレエ・ダンス・体操

バレエやダンスは女の子に、体操は男の子に人気の習い事です。

おすすめの理由

ワーキングメモリ―の活性化
バレエやダンスは、先生の振り付けを覚えることで、ワーキングメモリ―(思考や判断などの際に必要な情報を一時的に保持・処理する記憶装置)を鍛える効果があるそうです。

体力の向上、ストレス発散
バレエ・ダンス・体操は身体全身を使うので、体力の向上や免疫力の向上につながります。また、適度な運動によってストレス発散もできます。

柔軟性が身につく、姿勢が良くなる
バレエ・ダンス・体操には全身の柔軟性が必要とされるので、身体が柔らかくなり、また姿勢も良くなります。

ダンスの必修化
現在、中学校教育でダンスは必修科目となっています。子どものうちにダンスや類似するバレエや体操を学んでいれば、中学校で人気者になれるかもしれませんね。

 

剣道・空手・柔道・合気道

武道系も人気の習い事です。男女ともに多く、お父さんも一緒に習うというケースも多いです。

おすすめの理由

心身ともに強くなれる
体力向上はもちろん、強くなることで自分に自信を持つことができます。いじめられる心配も少なくなるのではないでしょうか。

礼儀作法が身につく
習い事の中でも、武道系は「礼に始まり礼に終わる」精神が重視されているため、礼儀作法についても特に身につきやすいです。

親子で習うことができる
剣道や空手の道場には、親子で習いにきている人も少なくありません。一緒に習うことで、子どものやる気を上げたり、親子のスキンシップを図ることができます。

 

まとめ

いかがでしたか? 習い事は、やはり子ども自身が実際にやってみて楽しいと思えることが一番重要です。 球技が好きなのか、それ以外が好きなのか。サッカーや野球のようなチームスポーツが好きなのか、テニスのような個人のものが好きなのか。あるいは、サッカーや野球のように走り回るスポーツが好きなのか、卓球のようにこじんまりとしたものが好きなのか。 実際に体験レッスンや見学に行き、子どもの興味を尊重しながら選択してくださいね。