近年、英語で子育てをすることが流行っているようですが、英語で子育てすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

英語で子育てによる英語教育のメリット

ネイティブの発音が身に付く

日本人は「L」と「R」の発音ができないとよく聞きます。この原因は英語の発音を正しく聞き取れないからと言われています。

しかし、幼児期から英語で子育てすることで英語を聞き取る能力が自然と身に付くとされています。

正しく聞き取ることができれば正しく発音できるのです。

英語に苦手意識がない

中学校から英語を習うと海外の外国語として苦手意識を持つ子もいます。

しかし、好奇心旺盛な幼児期から英語を習えば何の抵抗もなく、英語を受け入れるので苦手意識をもつことはありません。

英語教育のデメリット

日本語がおろそかになるおそれがある

英語で子育てをすることに熱心になるあまり、日本語に対する理解力が不十分となり、英語も日本語も中途半端になるおそれがあります。

英語で子育てをするとしても、子供が間違っている日本語を使っていたらその間違いは指摘するようにしましょう。

英語で育児の注意点

英語で子育てするとしても、子供が嫌がる場合はいったん中止して様子を見るようにしましょう。

子供が嫌がっている場合に無理に英語でやろうとすると、子供は逆に英語を嫌がるようになってしまうからです。

いかがでしょうか。特に英語で子育てをする際にはお子さんが嫌がっていないか気にかけてあげてください。