フォニックスとは、文字と発音との間のルールを明示し、正しい発音の仕方を容易にする学習方法をいいます。 フォニックスは、文字と発音との間のルールを明示するので、大人になってからでも学習可能です。そのため、子どもがフォニックスを学ぶメリットは、そのまま大人がフォニックスを学ぶメリットにもなります。

1 正しい発音を修得できる

フォニックスを学ぶことで、ネイティブが話す正しい発音を修得することができます。 アメリカのレストランで「ウォーター(水)」と注文して通じなかったという話はよく聞きます。フォニックスを学ぶことで、自分の話す英語がきちんとネイティブにも通じる感動を覚えることができるでしょう。

2 リスニング力が上がる

フォニックスによって正しい発音を覚えるので、日本人が苦手なリスニングもできるようになります。

3 スペルを覚えるのが早くなる

カタカナ英語で発音を認識していると、スペルと発音とが一致しないので、どうしてもスペルを覚えるのに時間がかかります。フォニックスによって、文字と発音のルールを覚えれば、スペルもすぐに覚えることができるようになります。

4 知らない単語でも発音・聴き取ることができる

知らない単語に遭遇したときでも、文字から正しい発音を推測することができます。また、発音から正しいスペルを推測することができます。

以上が、子どもと大人に共通するフォニックスを学ぶメリットです。 このほか、大人だからこそのメリットについても紹介したいと思います。

5 カタカナ英語からの脱却

フォニックスは、大人になってからでも学習可能です。そのため、大人だからこそしみついてしまっているカタカナ英語を矯正し、正しい発音を修得することができます。

6 能動的・計画的な学習が可能

子どもと違い、大人はフォニックスのルールを理屈で理解することができます。 そのため、自分自身で納得しながら学習を進めることができるので、能動的・計画的に学習することができます。

7 英語学習が楽しくなる

フォニックスの効果として、正しく発音することや聴き取ることができるようになりますが、その単語や文章の意味を理解することができるわけではありません。 ですが、大人の場合、すでに英語学習の経験があり、英単語や基本的な文法は知っています。そのため、フォニックスを学ぶことで、これまで文字として理解してきた英語に音が結びつく感動や英語学習の楽しさを発見することができるかもしれません。