私立小学校への入学を考えておられる方。私立小学校では、公立学校よりも教育カリキュラムが充実している、教育熱心な保護者が多い、生活環境の似た同級生と過ごすことができる、などの理由から私立小学校は人気です。

もっとも、中には「公立に通わせておけばよかった…」と後悔している親御さんもいます。ここでは、私立小学校に入学させて後悔する6つの例を見ていきましょう。

1 お金がかかる

私立小学校の学習費は公立の約5倍

私立学校は公立学校と比べ格段にお金がかかります。
平成26年度に文科省が発表した「子供の学習費調査」によると、公立学校の学習費総額が年間約32万円なのに対し、私立学校の学習費総額は年間約153万円にも達します(5倍弱!)。この学習費とは、学校教育費(授業料、学校納付金、通学関係費など)+学校給食費+学校外活動費(塾代や水泳などの習い事)の合計のことです。

学校教育費は、公立学校が年間約6万円なのに対し、私立学校では年間約88万5千円とはるかに違います。また、習い事は学校外で任意で行うものですが、公立学校の学校外活動費が年間約22万円なのに対し、私立学校は約60万円とこちらでも大きな差があります。

 

幼稚園から高校まで私立だと1770万円、家計を圧迫

このように、私立学校に通わせた場合、そうでない場合に比べてはるかに出費が大きくなります。はりきって子どもを私立学校に通わせたものの、「家計を圧迫して困ってしまった」と嘆く方も少なくありません。
なお、私立小学校に通わせた場合、高校まで私立学校へ通わせるというパターンが多いです。先ほどの「子供の学習費調査」によると、幼稚園3歳から高校3年生までのすべてで私立学校に行った場合、すべてトータルで平均約1770万円かかるそうです。これに大学4年間の学費や下宿代も支払うとなれば、子ども一人にいかにお金がかかるか分かりますね。ちなみに、幼稚園3歳から高校3年生までのすべてで公立学校に行った場合は、約523万円と、私立の約4分の1で済みます。

 

理想の家計バランスを保つためには年収1530万円必要

お金に関わることはとても重要なことですので、もう少しじっくり見てみましょう。PRESIDENT Onlineの記事『ムダをあぶり出す!収入と支出「理想の家計バランス表」』によれば、小学生以下の子ども(=小学生を含む)を持つ夫婦の理想の家計バランスにおいて、教育費にかけるお金は手取り収入の10%とのことです。ちなみに、高い順に見ると、住居費25%、食費14%、貯蓄12%、教育費10%、保険料8%と続きます。
前述のように私立小学校の学習費総額は年間約153万円(=12万7500円/月×12ヶ月)。教育費は手取り収入の10%が理想ということは、私立小学校へ通わせるためには、手取りで年収1530万円必要ということになります。
こうして数字で見ると、「家計を圧迫」という言葉にもリアリティが出てきますね。

 

なんとなかやりくりしても無理が出てくる

もちろん、これは「理想の」家計バランスなので、例えば日々の食費や娯楽費、旅行費などを節約して子どもの教育費に充てることで、ある程度教育費を捻出することは可能でしょう。また、地方の私立学校ですと学費も低くなってきます。
とはいえ、3で後述するように、私立学校の家庭は総じてお金持ちです。なので、家計をなんとかやりくりして入学させることができたとしても、後々のつき合いや諸々の見栄(母子の洋服や所持品、車など)で疲弊してしまうかもしれません。
また、私立学校へ入学させる主な目的の1つに、有名大学への進学を挙げる方も多いかと思います。ですが、「小学校から高校まで私立に通わせたので、大学は国立でないととてもムリ!」というご家庭も少なくないようで、その結果志望校を著しく制限されてしまうという本末転倒なことにもなり得ます(私立大学と違い、国立大学の受験日は統一されているため、複数校を受験するということはできません)。

 

2 兄弟(姉妹)に不平等感を与えてしまう

前述の1と関連しますが、子どもを私立学校に通わせた結果家計が苦しくなり、下の子(弟や妹)は公立学校に通わせなくてはならなくなった、ということも十分にあります。
そんなとき、下の子は「お兄ちゃん(お姉ちゃん)は私立に行ったのに、自分はお金がないから公立なんだ…」と幼心に不平等感を与えてしまうことになります。
親としては子どもに平等に愛情を注いでいるつもりでも、一つの不公平な出来事に子どもは不平等感を感じ傷ついてしまいことがあります。学校選択は子どもの日常にダイレクトに関わる部分で、その重要部分について不平等感を感じさせてしまうことは、子どもの精神的成長に好ましいことではないでしょう。

 

3 親同士の付き合いが大変

私立学校の場合、子どもにかかるお金も多いですが、親(特に母親)同士の「お付き合い」にかかるお金も少なくありません。ランチ会への参加やブランド物の洋服・バッグを持つ必要など、お付き合いの都合上発生する支出は多岐に渡ります。
これらの積み重ねによる金銭的コストは相当なものとなり家計を圧迫してしまいます。また、そうした出費へのジレンマや、ランチ会・お茶会などでの会話についていけない(生活水準や価値観が大きく違うため話が合わない)心苦しさは母親を精神的に疲弊させてしまうことがあります。
小学校の親同士は、中学校以降と比べてもPTAや習い事、子どもが友達を連れて遊びにくることなどから親密に関わることになります。私立学校の場合は、教育熱心な親の集まりですので、関わり合いの深さはなおさらです。そうした中で、親づきあいが上手くできなければ、母親は過度なストレスでいっぱいいっぱいになってしまいかねません。

 

4 電車通学の負担やケガ・犯罪被害のリスク

私立学校への通学には、電車やバスなどの公共交通機関を必要とすることも多くあります。登校時間がラッシュアワーとかぶると、大人でさえ疲れてしまうので、小さな子どもにとってはとても負担が大きいです。公立学校への通学時間は、およそ徒歩5~15分ほどであるのに対し、私立学校の場合、電車を乗り継いで1時間以上かけることも珍しくありません。体力的な負担はもちろん、単純に睡眠時間が短くなってしまう点でも子どもにとってあまり良いことではありません。
それ以上に心配なのは、通学途中にケガをしたり犯罪の被害に遭ってしまうことです。電車通学では、多くの人が行き交う中での移動のため、転んでケガをしてしまう危険があるほか、女の子の場合痴漢被害に遭う危険もあります。さらに、私立学校の子どもは、制服で通学しているため目立ちます。「私立学校の生徒=お金持ち」というイメージは強くあるので、誘拐やカツアゲ等の犯罪被害に遭ってしまう危険すらあります。

 

5 授業についていけなくて勉強嫌いになるリスクも

私立学校へ通わせる大きな理由の一つに大学進学を挙げる方は多いのではないでしょうか?私立学校の場合、一般に公立学校よりも授業の進度が早く、また早い時期から学習塾や家庭教師などの習い事をしている子も多いので周りの勉強レベルも高いです。そうした環境の中であれば自然と自分の子どもの学力や勉強に対する姿勢も向上するはず…と思われるのも無理はありません。
ですが、どれだけ進学校であろうと、その中で勉強のできる子とできない子は分かれてしまい、できない子の学習レベルは公立学校のできない子と遜色(そんしょく)のないものになってしまいます。授業の進度が早いこと、レベルが高いことは、できる側の子どもにとっては学力をぐんぐんと伸ばせるプラス要因ですが、できない側の子どもにとっては一度置いていかれたら追いつくことがほとんど不可能になってしまうマイナス要因となってしまいます。進度が早い分、置いて行かれる時期も早くなり、一度できない側に回ってしまえば子ども自身「自分は勉強ができない」と思い込んでしまいがちです。果たしてほんの6~7歳の子どもにそのような劣等感を抱かせてしまうことがメリットと言えるでしょうか?
子どもの視野は、時に大人が思うよりも広いですが、一方でとても狭いものでもあります。多感で心身ともに成長期の真っただ中にいる子どもに対し、過度な競争心や疲労感、優越感、劣等感を感じさせてしまいかねないことも私立学校の一つの側面なのです。

 

eigonori-dexinngu-rinnku

6 幅広い性格の人と接する機会が少ない

前述した「子供の学習費調査」によれば、全小学校数に占める私立学校の割合はわずか1.1%、全小学生数に占める私立小学生の割合は1.2%です。私立小学校に通う子どもは100人中たった1人なのです。このような圧倒的少数派を選択する(できる)家庭というのは、おのずと生活水準・生活環境が似通ってくるので、そのような環境下で育った子どもの性格もある程度は似通ってしまいます。
似通った友達が多くいる環境というのは私立学校のメリットの一つですが、一方で多彩な性格の子どもと接するチャンスに乏しいことはデメリットとも言えます。
いろいろな家庭環境で育ったいろいろな人と接し影響し合うことで得られる人格形成やタフさを得られないことは、大人になった後に後悔することがあるかもしれません。
また、私立学校には男子校・女子校のところも多いため、異性に接しないまま大人になってしまい、どう接していいのか分からない恋愛下手な大人に成長してしまう子もいるようです。

 

7 共学のような青春を謳歌できない(という気がする)

上でも述べたように、私立学校には男子校・女子校のところが多くあります。私立学校に進学した場合、高校までも私立に通い続けるというケースが多いため、大学に入るまで男子校または女子校で過ごし続けることになります。さらに、男の子で理系学部に進学した場合、やはり周囲には男子がほとんどです。また、女の子でずっと女子校だった場合、大学も女子大に進学する子は少なくありません。そうすれば、大学も女の子のみの環境ということになります。
このように、共学以外で過ごし続けた場合、異性との付き合い方が苦手になるかもしれないという問題もありますが、単純に大人になってから「自分も青春したかったー!」と思う子どもは多いものです。異性のいない同窓会も盛り上がりませんしね(笑)
もちろん、実際には共学に行ったからと言って、必ずしも漫画やドラマのような青春があるわけではないですし、習い事や塾、友達の紹介、大学の場合にはサークルなどを通して異性と触れる機会はあります。また、男子校・女子校ゆえの素敵な青春の形も当然あります。
ですが、そうはいえ、共学へのあこがれは捨てがたいもの。子どもが二度と戻れない学生生活の中で、青春を謳歌できるだろうか、という視点も大事にしたいところです。