「私立小学校にもPTAはあるのかな?」「PTAをきちんとやっておかないと子どもの成績に影響があるのかな?」「下の子の合否にも影響するのかな?」など、私立小学校のPTAについて色々と疑問がある方も多いかと思います。ここでは、そんな私立小学校のPTA事情について見ていきます。

 

私立小学校にPTAがあるのか?

PTAの有無は学校による

結論としては、PTAのある私立小学校もあれば、ない学校もあります。ですが、やはり依然としてPTAのある学校の方が多いようです。

 

PTAのない小学校も増加中

まだまだ少数派ではあるものの、傾向としては、私立公立を問わずPTAのない学校も増えているようです。
背景には、共働き世帯が増えたためPTA活動による負担を軽減しようという学校側の配慮があります。また、PTAは保護者同士のトラブルの原因にもなりやすいので、そうしたトラブル開始の意図もあるのでしょう(表向きに言われることはないでしょうが)。

 

PTAがなくてもそれに替わる組織があることも

もっとも、私立小学校ではPTAがなくても、「○○委員会」や「○○会」のように、PTAに替わる、親だけによる組織が存在することもあります。
PTA活動が煩わしく、わざわざPTAのない学校を選んだのに、「名前が違うだけでPTAじゃん!」なんてこともあるので、注意が必要です。

 

私立小学校と公立小学校のPTAの違い

それではPTAのある私立小学校は公立小学校とで何か違いはあるでしょうか。

私立行事は昼に行われる場合が多い

私立小学校のPTA行事は公立校とは異なり、一般的に地域に根付いたものは少なく、頻繁に集まりがあるわけではないようです。もっとも私立小学校の場合は夫婦の共働きを前提としておらず、平日のお昼時に行事がある場合が多いようです。共働きをしている夫婦としてはどちらか一方が仕事を休まざるをえず、行事に参加しにくい現状にあるといえるでしょう。

 

PTA活動に協力的

私立小学校の場合には役員であるかどうかに関わらず、PTA活動に協力的な方が多いようです。保護者はPTA役員を進んで引き受けてくれる方が多く、PTA役員を押し付けあったり、くじ引きで決めるたりするようなことは少ないようです。役員でない方も積極的に協力してくれるため、役員の方だけ大きな負担をすることはないのが通常です。公立に比べると主体的に子供が通う学校の行事に関与したいと考えている保護者の方が多いといえるでしょう。

 

PTA活動をまじめにやっていないと子どもに影響する?

子どもの成績評価への影響

PTA活動は、保護者向けイベントの企画やパトロール、学校の美化活動など、時間的・体力的に大変だったり、保護者同士の人間関係がしんどいという理由から、PTA活動にあまり参加したくない、という方も少なくないでしょう。

もっとも、そこで気になるのが子どもの成績評価への影響。なんとなく、「PTA活動を積極的にやっていれば先生が色をつけてくれそう」、「真面目にやっていないとマイナス評価されるんじゃ…」と気になりますよね。

ですが、このことについては、多くの保護者の方々が「関係ない」と言っています。PTA活動を熱心にやること自体は先生を喜ばせるかもしれませんが、そのことと先生の子どもへの評価は別物です。
あまり神経質にならず、PTAへの参加がつらいなら上手く理由をつけてさぼったり退会してしまった方がよい場合もあるでしょう。心配しなくても、子どもには何の影響もありません。

 

下の子どもの入学試験への影響

これもよく聞かれることですが、結論から言えば関係ありません。実際、PTA活動を積極的に行っていた親御さんの下の子が入学試験で落ちた例やその逆の例は多くあります。あくまでも「それはそれ、これはこれ」ということなのです。