幼児のいるご家庭でペットを飼いたいなと考えておられる方も少なくないと思います。 ペットといえば、やはり犬と猫が定番ですね。 生まれたての赤ちゃんであってもペットと一緒に生活することは十分可能です(別コラム「幼児のうちにペットを飼っても大丈夫?~ペットを飼うメリット~」、「幼児のうちにペットを飼っても大丈夫?~ペットを飼う場合の注意点~」参照)。 それでは、犬と猫、どちらの方が幼児と一緒に生活するのに適しているのでしょうか?

基本的には好きな方を飼えばよい。
結論的には、好きな方を飼ってもらえって問題ありません。
どちらも幼児と共同生活をすることは十分可能ですし、思い切り可愛がってあげ、幸せにしてあげることがペットにとってはもちろん、幼児への教育面でも大切なことです。
どちらでもよいということを前提に、以下の文章を参考程度に見ていただければと思います。

 

犬は飼い主を群れの一員と捉え、優劣をつけます(優劣をつけたがる度合いは犬種によって違ってきます)。
そのため、幼児がペットよりも上の立場であることをペット自身に示してあげる必要があります。
たとえば、ペットの前で幼児を含めた家族で食事をとり、食事が全部終わってからペットにエサをあげるなどしてあげるとよいでしょう。

 

犬は飼い主にかまってもらうことが大好きです。
そのため、赤ちゃんが生まれるよりも前からペットを飼っていた場合には、ペットは赤ちゃんに対して激しく嫉妬する可能性があります。
そんな場合には、「あなたのこともとても可愛いのよ」と愛情が伝わるように接してあげることが効果的です。

 

犬の場合、毎日2回(最低1回)の散歩が必要ですし、鳴き声も大きいので、猫と比べ色々と面倒がかかります。 また、幼児は必ずしもペットの世話を積極的にするとは限らず、すぐに飽きてしまって、親に世話を任せきりになってしまうことも少なくありません。 猫よりも面倒がかかり、長生きもする犬を飼う場合、親御さんには自分自身が10年以上そうしたペットの世話をし続ける覚悟が必要と考えておいた方がいいでしょう。