幼児に英語を自分で教えるコツと教材選びのポイント

0
155

[ffb_paragraph_0 unique_id=”1h44kqas” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]幼児学習において、一番親御さん自身が楽しんで子どもに教えられるものは英語ではないでしょうか?
「え、わたし英語なんて全然話せないけど…」と思っている親御さんも心配いりません。親の英語力と子どもの英語力は関係ありません。
ここでは、幼児期の子どもに上手く英語を教える方法と教材選びのポイントをお伝えします。[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1kkvlcho” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]まずは耳に慣れされる[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1hbhad7v” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子どもに嫌悪感を持たれてしまってはいけないので、まずは子どもの耳を英語に慣れさせるところから始めましょう。
英語の音楽を流してみたり、映像を流したり、親御さん自身が英語で話しかけてあげる(下手くそでも問題ありません!)などして、子どもの耳が英語の音に違和感を感じないようにまで慣れさせてあげます。[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1kkvnra9″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

ディズニーやジブリのDVDは最高の教材

子どもが英語の音に慣れてきたら、アニメや絵本を使って一層興味を持ってもらいましょう。
ディズニーやジブリのDVDは英語音声にも対応しているので、子どもの興味を惹きたてるには最適です。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1kkvr763″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]次に文字を読めるようにする[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1hbhf0d1″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]子どもが英語に興味を持つようになったら単語カードなどを使って文字を読めるようにしてあげればベストです。
幼児の頃に英語に興味を持っていたからと言って、そのまま放ったらかしになってしまえば英語の記憶はすっかり消えてしまいます。
ですが、文字として一度記憶しておけば、その後環境が変わっても英語力を維持しやすくなるからです。[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1kkvs57k” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

焦りは厳禁、あくまで楽しんで

とは言っても、ここで親御さんが無理強いしてはいけません。子どもは勉強と感じ遊びの感覚を失った途端、一気に醒めてしまいます。
あくまで、遊びの一環としてできるよう、焦らないようにしましょう。 単語カードなどの教材選びも、分かりやすさ・楽しめやすさを重視してください。楽しい絵があってカラフルなものがいいでしょう。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1kkvtbds” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

子どもが飽きた時には…

とは言っても、子どもは親の思惑通りに興味を持ち続けてはくれません。
そんなときは、親御さん自身が単語カードを楽しそうに使ってはしゃいでみてください。子どもはオーバーリアクションが大好きです。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1kl0062b” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]最後に話す訓練を[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1hbhjpvn” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]さて、子どもがある程度文字を覚える段階にまでなれば、話す訓練の始め時です。
ここでも親御さん自身が話し相手になってあげるのもいいのですが、それは中々ハードルが高いという方も多いでしょう。
やみくもに英会話スクールに連れて行っても、ただ遊んで帰るだけで何も身につかないということもありますが、この段階で英会話スクールに行けば、子ども自身英語への耐性があるので、英語を学ぶことを楽しめるはずです。[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1kl01ogj” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

オンライン英会話がおすすめ

最近では、Skypeを使ったオンライン英会話がありますので、幼児の場合オンライン英会話を使うのが最も効率的かと思います。
なぜなら、一般に授業料が安く済むことや、時間・場所を拘束されずに済みますし、すぐそばに親御さんが付いているので、子どもが泣きわめいたり遊びまわったりして授業にならないという心配もないからです。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1kl00dlt” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]幼児向けの英語教材選びのポイント[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1j1c3oau” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]以上のように、幼児に自分で英語を教えるコツ・流れについて見ていきましたが、教材選びには困ってしまいますよね。ネットで検索してみても幼児向けの英語教材は山のように出てきますし、どれも魅力的に映ってしまいます。だからと言って、あれこれ買い揃えても、結局どれもまともに使うことのないまま本棚に眠ったまま…なんてことになりかねません。
ここでは、教材選びのポイントについて見ておきましょう。[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1kl04j3k” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

目的に応じた教材選びを

幼児教育に限らず、およそ教材を選ぶ場合、「自分はこの教材で何を得ようとしているのか?」という視点が大切です。この視点がなければ、流されるままに評判の良い教材に手を出し続けることになります。
大人の場合でも、簡単に使える実用性の高い英会話ワンフレーズ集を買ったとしましょう。これをいくら繰り返したとしても、TOEICのスコアはほとんど上がらないでしょう。反対に、TOEIC対策で過去問を繰り返したところで、ネイティブ相手にこなれたフレーズは出てこないでしょう。
教材にはそれぞれ目的があります。TOEIC対策のためには、TOEICの過去問あるいはそれに関連する教材を選ぶべきですし、実用的なフレーズを覚えたければそれ用の教材を選ぶべきです。
こんなことは当たり前のように思えるかもしれません。ですが、幼児向けの教材の場合、「幼児向け」とひとくくりにされがちなので、この「目的は何か」という視点を忘れがちになってしまいます。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1kl049o4″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%221%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22b-m%22%3A%7B%22mg-xs%22%3A%7B%22t%22%3A%2220%22%2C%22r%22%3A%2220%22%2C%22l%22%3A%2230%22%7D%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]

子どもが楽しめることが基本

上述のように、遊びの一環として楽しめる、分かりやすい教材を選んであげましょう。 楽しいカラフルな絵がたくさんあり、視覚的に楽しめたり、タッチペンで音が出て視覚的にも楽しめるものなら飽きにくいでしょう。
また、本や単語カードなどは、CDやDVDと違い、場所を選ばないですし、子どもがいつでもどこでも好きな箇所のページから簡単に学習(遊び)を開始できる点で効果的です。タッチペンで音(英単語)が発声されれば、親御さんが隣で発音してあげる必要もありません。
無料アプリを利用する場合も、同じように楽しみやすさを重視して選んであげましょう。無料アプリの場合、無料なのですから、人気のものをいくつかダウンロードして実際に試してみて、子どもが関心を持ったものに絞って利用してみたらいいでしょう。
どれだけ評判が良くても、結局は子どもが楽しんで繰り返し使わなければ宝の持ち腐れですからね。

 

[/ffb_param][/ffb_paragraph_0][ffb_heading_0 unique_id=”1kl089h6″ data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22tag%22%3A%22h2%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%2C%22st%22%3A%7B%22styles%22%3A%22gs-1bdkfqvl*%7C*Large Heading%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]まとめ[/ffb_param][/ffb_heading_0][ffb_paragraph_0 unique_id=”1hb6cp5p” data=”%7B%22o%22%3A%7B%22gen%22%3A%7B%22ffsys-disabled%22%3A%220%22%2C%22ffsys-info%22%3A%22%7B%7D%22%2C%22text-is-richtext%22%3A%220%22%2C%22align%22%3A%22text-left%22%2C%22align-sm%22%3A%22%22%2C%22align-md%22%3A%22%22%2C%22align-lg%22%3A%22%22%7D%7D%7D”][ffb_param route=”o gen text”]以上、幼児に自分で英語を教えるコツと教材選びのポイントについて説明してきました。
何度も繰り返して恐縮ですが子どもの学習は遊びの感覚でやらせることが一番効果的です。せっかくならみなさんも自身も楽しんで子どもと一緒に英語を勉強してください。[/ffb_param][/ffb_paragraph_0]